アロマセラピストによる健康で自分らしく暮らすためのIris(イーリス)学習帳

グルテンフリー,米粉,糖質,アロマ,ローカーボ,健康,栄養,食生活改善,体質改善,アレルギー,リーキーガット症候群,添加物,無添加,アロマセラピー,癒し

栄養 糖質

糖質の代謝に欠かせない栄養素とは-疲れ・イライラする人へ

投稿日:

aiです。

 

私達の身体ってすごいです。意識していないの

にいろーんな仕事をし続けていますもんね。

 

「これをこうするとこうなってこうなる」みた

いなことを私達自身が知らぬ間に延々と行って

います。

 

自分の身体なのに、ほとんどの事を知りません

よね。

 

生きるため自動的に働いてくれている身体です

が、やはりその機能が上手く動作して、いい状

態であるためには私達自身の協力も必要です。

 

協力とは生活習慣や、食生活などを少しでも意

識して、身体がいい状態であろうとするのを邪

魔しない、または必要なものを提供するという

ことになるかなと思います。

 

私達がある成分を摂ると、それを分解したり再

合成したりしてエネルギーにします。

 

それを行うために必要な栄養素というのがまた

あるんですね。

 

大豆

 

 

 

 

 

 

 

糖質の分解はまず口中の唾液から始まります。

そして小腸でもさらに分解され吸収されます。

 

小腸で一番小さな状態、単糖にまで分解され

吸収された糖質は毛細血管から肝臓へと運ば

れます。

 

そしてまた血液に乗ってあちこちへ運ばれる

という仕組みになっています。

 

細胞ではこの糖質をさらに分解して形を変え

たりしながらエネルギーを産生しますが、

 

その働きを助ける酵素として必要なのがビタ

ミンB1です。

 

豚肉に含まれるビタミンBが疲労回復に良い

と聞いたことがあるかもしれません。

 

ビタミンB1は豚肉や大豆、鰻などに多く含ま

れています。

 

ビタミンB1が不足すると、こういった代謝が

スムーズにできなくなるので疲れやすくなった

りします。

 

また、糖質の代謝以外にもビタミンB1は、脳に

栄養を送る役割も担いますので、不足によりイラ

イラしたり集中力が弱くなったり、良く寝られな

くなったり。

 

普段の食事ではどんなお米を食べますか?

 

実は米ぬかにもビタミンB1が含まれています。

ですので糖質の代謝や精神状態の安定を考えると

白米にくらべ玄米や胚芽米の方が良さそうですよ

ね。

 

玄米には白米の約7倍ものビタミンB1が含まれて

いるそうですよ。

 

精製されない玄米にはその他の栄養素も残ってい

ますし、血糖値の上昇も白米より緩やかです。

 

玄米が苦手で・・という方は、白米に胡麻をふり

かけたり海苔で巻いたり、白米に少し玄米を混ぜ

て焚くのもよいです。

 

気を付けるのは

・農薬を使っていない物を選ぶ

・消化と満足感を高めるため噛む回数を多めに
 する

・血糖値の上昇を緩やかにするため野菜やたん
 ぱく質などのおかずを先に食べ、米は後から少なめに

といったところでしょうか。

 

カップケーキ

 

 

 

 

 

 

 

糖質の代謝にビタミンB1が必要という事は逆に

いうと不足しやすいとも言えます。

 

食事の炭水化物やスイーツ、砂糖入りの飲料な

ど一日に沢山の糖質を摂っていれば大量のビタ

ミンが消費されているはずですね。

 

それに加えて、ストレスやお酒・過労・運動など

しても消費されますので、普段からしっかり補給

が必要な栄養素の一つとなります。(頭を使うこと

でも消費されます!)

 

乳酸という物質を聞いたことがある方は多いかと

思います。疲れ物質なんて呼ばれたりもしますよ

ね。

 

糖質代謝の過程でこの乳酸も発生してきます。

 

実は乳酸もエネルギーに変える仕組みがあるので

すが、糖質を沢山摂って大量に発生した乳酸を、

ちゃんと処理できない・エネルギー化できないと

疲労を感じるようになります。

 

普段の食事の献立を考える時も、目的を意識した

り、食材の栄養素の働きを知っているとちょっと

楽しいかも。

 

今日はビタミンB1の吸収を助ける成分を含む食材

玉ねぎやニラ・ネギ・にんにくなどと豚肉でスタ

ミナ炒めなんていかがですか(^^)

ではまた。

ai

-栄養, 糖質
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

糖化

老化を招くアンチエイジングの大敵・3大劣化要因【糖化】

aiです。   今日は私たちのお肌や身体の健康状態を脅かす要 因、『糖化』について調べていました。   今日のテーマ『糖化』に『酸化』・『炎症』を加 え”3大劣化要因”といわれます …

お菓子

糖質過多が老化・慢性疲労・イライラ・アレルギー・肥満を招く!?

aiです。   私の母はよくこんなことを口にします。 「疲れたときは甘いものがいいんよね、脳の栄養 になるけぇ」(広島弁)   疲れたなと感じたとき、イライラした時、楽しい 気分に …

元アロマセラピストが自分なりに収集したヘルシーな情報を、まとめるための学習帳サイトです。