アロマセラピストによる健康で自分らしく暮らすためのIris(イーリス)学習帳

グルテンフリー,米粉,糖質,アロマ,ローカーボ,健康,栄養,食生活改善,体質改善,アレルギー,リーキーガット症候群,添加物,無添加,アロマセラピー,癒し

アンチエイジング 糖質

老化を招くアンチエイジングの大敵・3大劣化要因【糖化】

投稿日:

aiです。

 

今日は私たちのお肌や身体の健康状態を脅かす要

因、『糖化』について調べていました。

 

今日のテーマ『糖化』に『酸化』・『炎症』を加

え”3大劣化要因”といわれます。

 

糖化の仕組み

糖化

 

 

 

 

 

 

 

糖化とは糖と体内のたんぱく質や脂質が結びつい

て、体温の熱が加わることによってたんぱく質が

変性・劣化して起こります。

 

するとAGEs(最終糖化産物)が生成されます。

これは分解されにくく、蓄積すると全身の老化や

糖尿病・高血圧・ガンなどの発症も促進する要因

のひとつになるといわれます。

 

肌に蓄積されれば弾力が失われたり、くすみ・

シミに。骨ならば骨粗しょう症、血管ならば動脈

硬化という具合です。

 

糖化は意外と身近に、目に見える形で存在してい

ます。

 

トーストやパンケーキ、揚げ物などを想像してみ

てください。

 

こんがりときつね色になっていますよね。

食欲をそそられますが・・

 

これが糖化反応です。

【たんぱく質】+【糖】+【熱】が反応して褐色

になっています。

 

つまり糖化とは「コゲ」といえます。

身体の中でもこんなことが起こっているんですね

 

体内のAGEsは糖が血液中に余っている状態、

またすでに糖化した(こんがりきつね色)食べ物を

摂ることで増えます。

 

糖化がすすむ要因

パンケーキ

 

 

 

 

 

 

 

糖化が促進される要因として主にこういったもの

があります。

・血糖値の乱高下の繰り返し

・慢性的に高血糖の状態

・加齢などによって代謝が低下している

・こんがり色の物を摂取する

・不適切な生活習慣(タバコ・アルコール・睡眠

不足・朝食を抜くなど)

・ストレス

 

私達が生活する上で、糖化を全く起こさないこ

とは不可能です。

 

ですが、こういった現象があるとくことを知るの

が第一歩。そして少しでもリスクを減らそうと心

がけることで、数年後の結果は違ってくるのでは

ないでしょうか。

 

糖は確かに生きるうえで必要なエネルギーです。

問題は摂りすぎていることにあります。

 

私達の身体には糖新生といって糖を、糖以外の

物質から再合成する能力も備わっているのですが

現代の食生活では糖質がどうしても過多になりが

ちです。。

 

アスリートや強度の高い運動・仕事をしている、

またはすごく頭脳を使うことをしている、

など環境によって必要性の差はありますが。

(アスリートのかたが合間にバナナやおにぎりを

口にされていますよね(^^))

 

そして年齢を重ねることによって代謝も低下して

くるので、AGEsを除去しきれなくなりトラブル

へと繋がっていきます。

 

若々しく元気をつくる9つのポイント

ハート

 

 

 

 

 

 

 

ここに挙げるポイントは、糖化だけでなく、

疲れやすい・イライラするなど血糖値の乱高下

がまねく不調や、糖尿病をはじめとする生活習

慣病などにも共通する内容です。

 

①ゆっくり食べる

②GI値(血糖値上昇スピード)の低い食材を選ぶ

③食べる順番を意識する(野菜から)

④炭水化物・糖質を食べ過ぎない

⑤ストレス回避・解消の方法を持つ

⑥自分に無理のない適度な運動をする

⑦抗酸化物質・抗糖化物質を摂る(ビタミンC・

ビタミンE・カロテン・ポリフェノール・

ハーブなど)

⑨添加物を避ける

⑧睡眠不足にしない

 

 

私も日々、学習しながらすべて実践しているわけ

ではありません。

 

あまり神経質になってストレスになるのでは本末

転倒です。

 

なにか一つでもいいんです。これまで長く続けて

きた生活習慣をすこーし変えてみる。

 

炭水化物の前にまず野菜を食べる、清涼飲料水

や甘いカフェラテなどをお茶や水などに変える、

おやつは低糖質で手作りする・・など。

 

おやつなんて作れないという方は、サツマイモ

をふかしたり焼いておくのもいいです。

 

サツマイモは意外とGI値が低く(55)、ジャガイ

モがかなりGI値高い(90)んです!意外ですね。

(GI値55以下のものは低GI食品といわれます)

 

プチ不調を感じている方や、健康・美の維持増進

をしたいと考えているかたはそんな風に第一歩を

気負わず始めてみてはいかがでしょうか。

 

ではまた。

ai

-アンチエイジング, 糖質
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

お菓子

糖質過多が老化・慢性疲労・イライラ・アレルギー・肥満を招く!?

aiです。   私の母はよくこんなことを口にします。 「疲れたときは甘いものがいいんよね、脳の栄養 になるけぇ」(広島弁)   疲れたなと感じたとき、イライラした時、楽しい 気分に …

食材

糖質の代謝に欠かせない栄養素とは-疲れ・イライラする人へ

aiです。   私達の身体ってすごいです。意識していないの にいろーんな仕事をし続けていますもんね。   「これをこうするとこうなってこうなる」みた いなことを私達自身が知らぬ間に …

元アロマセラピストが自分なりに収集したヘルシーな情報を、まとめるための学習帳サイトです。